バイク(スーバーカブ)のチェーン交換をやった。

20171217_上間学_できることはなんでも自分で、、_01

思ったより大変だったー 、、けど、しかたない。
竹富島にはバイク屋さんはないからねぇ。
できることは自分でやらないといけないんだよ。

どうしても手に負えない修理などは、あらかじめ石垣のバイク屋さんに連絡して約束を取り付けて、週4回ある貨物船にバイクを積んで石垣へ送る。あとは、バイク屋さんが貨物船から降ろされたバイクを引き取って修理をしてくれる。修理が終わったら、今度はバイク屋さんが石垣から貨物船に積んで、竹富島へバイクを送り返してくれるんだ。だから、都会で暮らすより時間もお金も余計にかかるんだ。車の車検も一緒だ。

まあ、今回のバイクの異常は、おそらくチェーン交換を交換すればなおるだろうと、ある程度わかっていたから、それはある意味助かったさー。

新しく物を買う時は、ネット通販でなんでも手に入るけどね。いざ、買った物が壊れて、修理が必要な時は、いろいろめんどくさいんだよ。

都会だと多少遠くてもその筋の専門店があったりするでしょ。それに陸続きだとサービスマンが来てくれたりもするしね。海を隔てた島にはそういうとろこはないし、仮にサービスマンが来てくれることになっても、交通費が結構かかってしまい、それなりに料金も高額になってしまう。そうなると、なおすより新しいものを買ったほうが安くつくってこともあるんだ。島で暮らすということはこういうことなんだよー。

 

竹富島
上間学