こんにちは、toshikomです。

八重山諸島の特徴について紹介するシリーズ 6回目。

行ってみて知った感じたこと、それぞれの島のイメージカラーも載せています。(あくまでも私が感じた色です。)

今回も2つの島をご紹介します。

 

①石垣島(いしがきじま)

②竹富島(たけとみじま)

③西表島(いりおもてじま)

④由布島(ゆぶじま)

⑤鳩間島(はとまじま)

⑥新城島(あらぐすくじま)

⑦黒島(くろしま)

⑧小浜島(こはまじま)

⑨与那国島(よなぐにじま)

⑩波照間島(はてるまじま)

⑪番外編・宮古島(みやこじま)

 

⑧小浜島(こはまじま)

人口約740人・面積7.86㎢・周囲16.6㎞

 

感じる色はコーンフラワーブルー

朝ドラ「ちゅらさん」の舞台になった島。

さとうきび畑の中を走る「シュガーロード」が有名。

 

こちらも石垣島から約25分。

大型リゾートホテルやゴルフ場があるかと思いきや、昔ながらの集落も残り

同じ島内で、まったく雰囲気の異なる空気が味わえる。

 

小浜島のおばぁたちは、他の島に比べても特に明るく元気な気がする…。

それもそのはず、「KBG84(小浜島ばあちゃん合唱団)」という超パワフルなグループまで結成されている。

(メンバーはおよそ40名。入団資格は、小浜島に住んでいること。女性であること。そして80歳以上であること。84は合唱団の平均年齢)

 

画像3-1これがシュガーロード!(さとうきびが刈られてしまっているけど…)

自転車で走り抜けるのが最高に気持ちいい。

 

⑨与那国島(よなぐにじま)

人口約1700人・面積28.95㎢・周囲27.49㎞

 

感じる色はダークレッド

日本最西端。台湾が目と鼻の先にある、まさに国境の島。

断崖に囲まれ、ハッと息を飲むほどの荒波も打ち寄せる、絶海の孤島という感じ。

 

ヨナグニウマがのんびり牧草を食べる風景が広がる一方で

決して「のどか」とは言えない、力強く、悲しさも感じるような不思議な空気を感じる。

 

その昔、天候も不安定で断崖絶壁、渡るのが非常に難しいということで「渡難(どなん)」と呼ばれていた与那国島。

 

現在は、石垣島からフェリーもしくは飛行機で行けるが

他の離島と比べると、時間も費用も多くかかるので

なかなか行きにくい島ではあると思う。

(石垣島から127㎞、フェリーで約4時間、飛行機で約30分。ちなみに台湾までは約111㎞)

 

それでも海の美しさは素晴らしく

謎の海底遺跡があったり、ダイビング、シュノーケルツアーも人気。

(ちなみに、海底遺跡へのダイビングは冬のほうがおススメらしい。夏は波が高く行けないことが多い。)

 

テレビドラマ「Dr.コトー診療所」のロケ地でもあり、セットがそのまま残っている。

クオリティがすごい。ドラマ見てなかった私でもテンション上がった…!!

 

画像3-2               岩々に荘厳な雰囲気を感じる

 

画像3-3              ヨナグニウマがのどかに闊歩する

 

画像3-4             Drコトー診療所のセット。すごくリアル。

パート7に続く…