どうも!
ごっとんです。

長らく更新を開けてしまいましたが、元気に生きております!

それにはいろいろと理由があるんですけれど、言い訳がましくなるのは承知の上で読んでいただける人がいらっしゃれば、お楽しみいただけるのかなーと思います。

そんな気持ちでこの一ヶ月半を記録として残しておきたいための「もがき日記」を作っていきます。記憶も少し薄らいできてしまってはいますが、半ば「事実を元にしたフィクション」くらいのイメージで読んでいただけたらと思います。

まさに。
事実は小説よりえなり。
いえ、奇なり。
面白がってくれれば幸いな人生です。

3月3日

この日、いろんなタスクの限界を感じた。
今までお世話になってきた移住プロジェクトから外れることになりそうだ、というプレッシャー(理由は別述)
それに伴う次の家探し、今後のこと、今抱えているwebデザインのお仕事…。

たったこれだけのことなのに、と思いつつ、働かない自分の頭にイライラしつつ、今を必死にやろうと決心。
今まで更新をしてきたブログ、SNSなど、その反動もあり、急遽の環境の変化と更新との両立が難しく感じた。

要するに、一気に考えるべきことが多くなり、目の前の事柄に集中したいと感じたため、一時的に全ての更新を止めてみることにした、というわけです。

ファイル_000 (67)
自分のキャパシティはわかっているつもりです。パンクしたら意味がない。

3月4日

この時、「ゲストハウスKAINAN」にて2月末日から急遽アルバイトをすることになっており、那覇の開南という地域にいました。
10日間のアルバイトで、ちょうど中頃まで経った時。実は前日の夜、泊まっているお客さんと「戦争」についての議論が始まってしまった。正確に言えば、沖縄県の地域おこし協力隊である山崎くんが、長期で泊まっているお客さんに「あなたは基地建設についてどう思っているのか?」と絡まれたことから始まった。

彼も話しづらそうだったし、なによりせっかく誕生日のお祝いをしに来てくれている友達にはそういう議論をふっかけなくてもいいんじゃないかと思い、なんとか流すことにする。しかし、別で泊まりに来ていた若い人も加わってしまい、白熱したムードに。

事前にこちらも「そういうお話はできればしたくない」と伝えていたのだが、巻き込まれるときは巻き込まれるもんだ。なんとか自分の意見を伝えたが、うまく噛み合う話はできなかった。

しかし次の日、ぼくのブログを読んでみたい、とお話してくれたので、これで良かったのかしら?
ファイル_002
生まれて初めてシーツを洗う32歳。

3月5日

誕生日を迎える。
32歳だ。気持ちを込めてブログを更新する。
関連記事:1年
ファイル_000 (2)
記事とは裏腹にwebデザインのお仕事に手を付けていない現状、焦りを感じ始める。
58
初のwordpressサイト作成。かなりビビってました。

 

3月6日

ゲストハウスのお隣にご飯も食べられるカフェがあり、お昼ご飯やコーヒーをいただきました。
Kitchen Fukiya」さん。
美味しいアボガド丼をこの10日間出張で計4回いただく。
本当、「これしか食べないのか?」と思われていたと思う。なぜならぼくの野菜事情は、「手作り弁当」という名のファストフードがはびこる開南地域で、唯一の野菜摂取のタイミングを握っていたからなのです。
しかもお隣だからって出前までしてくれることに。(絶対普段はやってない)
美味しかったです。ありがとうございました。
*沖縄県の町の商店街名物、激安弁当。安いし量が多いので、「自炊」をいう考えを簡単に捨てさせてくれます。
一人身の男性よ、マジで気をつけろ。野菜確実に足りなくなるから。
ファイル_001
アボガドに黒紫米、ゴマにキムチと、10日間の那覇出張はこれで野菜とってました。

 

3月7日

5名組の大学生の女性グループがゲストハウスを利用。

フリースペースで話をしているうちにワンチャンあるのでは、と考えちゃうあたり、まだまだアホな考えが持てる思考なんだなぁとちょっと安心する。

実は3月3日に誕生日を祝いに来てくれた、沖縄地域おこし協力隊の山崎くんからお箸を誕生日プレゼントでいただいていた。
ファイル_003
山崎くんがぼやけてしまったよ。ごめんね。
誕生日プレゼントなんて本当に久しぶりだったので、めっちゃ嬉しくてまだ使っていません。(4月19日現在)
小さなマイバッグに包装の袋ごと入っています。今だって手元に…。
気持ち悪いと言われようがまだ使いません。

きっとマイ箸を使うタイミングが、いつか来るはず。

「そのおかず、私がいただいた!!」(来るのか?)
ファイル_007
山崎くんありがとう!必要以上に大切にしてます。もはやノータッチの域です。

 

3月8日

実は、速読術で月間100冊も本を読破すると言われている、勝間和代さんもプレイしてらっしゃる「TRPG」にめちゃ興味持ってます。
オリジナルでルールもシナリオも作ったことがあります。

披露した際は、半分の知り合いに楽しんで頂け、半分の知り合いに「こいつはちょっとおかしい。」と思わせることに成功しました。

オススメのTRPG動画。眺めているだけでも結構面白いですよ!

沖縄県立琉球大学にサークルがあるとのことで、参加希望のメールを送信。

快く返事を頂く。
日付は次の日。マジでスンマセン。

この日に、お知り合いからいただいた車を石垣から西表島へ運ぶ手続きを取る。
はじめは安栄観光の貨物船で8500円だったかな?で運ぶ予定だったが、ドリーム観光で輸送すると、運べる日付は安栄より少ないため、2日程度車を港に置く必要があるが、6500円くらいで運べる事が判明。

よって、石垣から西表島に車を運ぶときは、ドリーム観光貨物営業所がオススメ。

3月9日

午前中にお客さんの対応を一通り終わらせ、お昼から琉球大学へ。
それでもお仕事が押してしまい、30分の遅刻。
急いで到着後、快く迎え入れていただけて感謝です。

今回はクトゥルフ神話TRPG。KP1名、男性4名、女性1名で遊びまして、ぼくは頭が悪いけど、身体能力は高いという、いわゆる「脳筋キャラ」を操ることに。緊張して何をしゃべったのか記憶が怪しい。

最後には高い身体能力を生かし、「バールのようなものを使用し、怪しげな石像を破壊する」という鍵となる行動を成功させられたので、自分でも楽しめたと思う。

ただ、やはりTRPGはめちゃくちゃ時間がかかる。
リミットにしていた時間までたっぷり3時間以上はあったのだが、シナリオ終了まで滞在できなかった。「ごっとんさんが抜けた後もしっかりgoodエンディングまでたどり着けました。お疲れさまでした。」と、超絶ご丁寧なメールまでいただく。
ちょっとちょっと。飛び入りのおっさんに対して対応が優しすぎやしないかい?
ありがとう。琉球大学の学生さん達。
彼らのツイッターアカウントです。

【沖縄でTRPG体験会】
4月はクトゥルフ神話trpg、メタリックガーディアン、キルデスビジネスの3卓です!
開催は4月22日、琉球大学サークル棟にて。琉大生以外の参加、初心者大歓迎です!参加希望、質問などは掲示板にお願いします!http://jbbs.shitaraba.net/bbs/lite/subject.cgi/game/57602/ …

Photo published for 沖縄でTRPG - したらば掲示板

沖縄でTRPG – したらば掲示板

2ちゃんねる型“無料”レンタル掲示板なら「したらば掲示板」。カスタマイズしやすく多機能な、無料のBBSです。

jbbs.shitaraba.net

良い思い出になりました!
学生さんが送ってくれた、手作り感満載でハートフルな地図。

 

3月10日

10日間のアルバイトはこの日で終了。
西表島に戻る準備をしながら、ゲストハウスの管理をし続けるのも良い選択肢だと感じる。
お給料も断然いい。

キビ刈り人夫とは比べ物にならない金額だ。ていうかほぼ倍だ。

ゲストハウスの管理はお客さんと相対する必要はあるが、体はほとんど使わない。
クーラーも効いているし、ネットもPCも使いたいだけ使える環境。

だからとても悩んだ。
なぜ、ここまで稼げる給料が変化してしまうんだ。
キビ刈りに人が来ないのは当たり前だよなぁ。

片や、快適な部屋でPC予約を確認しながら、出て行ったお部屋のメイキングと掃除。
チェックインの繰り返しのお仕事と、体力自慢が脱水症状起こす現場で、吐きそうになるのをこらえつつ、延々とキビを切り倒し、かさぎ続ける仕事。

稼げる金額が倍違うなら、どっちがいいかなんて見ればわかる。
なぜキビ刈り人夫って仕事がなくならないのか、不覚にも疑問にとらわれる。
きっと農家さんはサトウキビ産業に期待を持ちすぎているんだ、という考えに至る。

と、ここまでの考えは、未だにぼくが雇われの人だからこそだ。

西表島に住んでいなくても、さんざん目の当たりにしてきたことで、たまたま今回キビ刈り人夫もゲストハウス管理も経験したからこそ、コントラスト強く感じられる状態に至っただけだ。

そこから抜け出すには自分でやるしかないだろう。
始めて個人的にいただいたwebデザインのお仕事を、やりきる決心がようやく固まった。
遅っ!
つづく!!